青森銀行|キャッシュカードや暗証番号のお取扱いにご注意ください

ホーム > 金融犯罪にご注意下さい > キャッシュカードや暗証番号のお取扱いにご注意ください

金融犯罪にご注意ください

キャッシュカードや暗証番号のお取扱いにご注意ください

 最近、盗難カードや偽造カードを使用したATMでの不正な引出し事件が増加しています。青森銀行では、お客さまのご預金を「偽造キャッシュカード等の不正利用」による被害からお守りするために、さまざまな対策を進めております。

 

 

キャッシュカードおよび各種ローンカード・バンクカード・デビットカード等の暗証番号は、「生年月日」「電話番号」「連続した同一数字」などを避けて、他人から推測されにくい番号をお使いください。

暗証番号は、青森銀行のATMで変更の手続ができます

なお、青森銀行では平成15年4月より、新規お申込時および変更時の「生年月日」「電話番号」「連続した同一数字」等は暗証番号として利用できないシステムを導入しております。

 

 

青森銀行では暗証番号の変更をATMの その他のお取引 で操作いただけます。

変更がお済みでないお客さまは、すみやかに変更されることをお勧めいたします。また、変更操作は何回でも可能ですので、定期的に暗証番号を変更することも不正使用を避ける手段としてご利用ください。なお、提携他金融機関およびイーネットのATMでは変更操作はできません。

 

 

キャッシュカードを貴重品ボックスなどにお預けになる際は、キャッシュカード暗証番号と同一番号の登録は避けてください。

また、ロッカーや携帯電話などの暗証番号も、のぞき見等の危険がありますのでキャッシュカード暗証番号と同一番号の使用は避けてください。

 

 

ご利用後の「ご利用控(レシート)」は必ずお持ち帰りください。

ご不要な場合は「ご利用控(レシート)」の発行はいたしません。 廃棄された不要なレシートを悪用してお客さまのご預金に被害がおよぶ事例もあります。
現在、当行のATMで現金のお引出しをされた場合、「ご利用控(レシート)」の発行を選択いただけるようにしております。
※画面での「お取引金額」「手数料」「お取引後の残高」を確認いただいた後に、選択してください。

 

 

キャッシュカード等の取引後は、なるべく頻繁にご記帳ください。その際は不審な取引等がないかご確認ください。

 

 

青森銀行の職員から暗証番号をご連絡したり、お客さまにお尋ねすることは絶対にございません。

また、電話などで銀行員・銀行協会職員・警察官等が暗証番号をお尋ねすることはありません。同様にATMコーナーで銀行員や警備会社職員等が暗証番号をお尋ねすることはありません。不審な場合には、直ちにお取引店等にご照会ください。

 

 

通帳・印鑑・キャッシュカード等の紛失・盗難について

通帳と印鑑はなるべく別々に保管してください。また、キャッシュカードは他人に使用されないよう常に携帯し、長時間手元から離したり、自動車内等に放置したり、第三者に貸与しないでください。
通帳、印鑑、キャッシュカードと、ご本人であることを示す各種資料(運転免許証、パスポート等)を、一緒に携帯・保管しないでください。
万一、通帳、印鑑、キャッシュカードのいずれか1つでも紛失された場合には直ちにお近くの青森銀行までご連絡ください。
  【夜間・休日の連絡先 フリーダイヤル0120-008818】

 

 

ATMをご利用の際は、周囲に注意し、背後からのぞき見等されないようにお気をつけください。

左右後方よりの「のぞき見」等を防止するために、ATM画面への「プライバシーパネル」(遮光フィルター)の貼付と後方が確認できる「広角ミラー」の設置を行っておりますが、ご利用の際には「のぞき見」等にご注意ください。

get Adobe Reader

マークがついているコンテンツはAdobeReaderが必要です。左のバナーをクリックし、ダウンロードして下さい。

このページのトップへ