• 個人のお客さま
  • 法人・事業主のお客さま
  • 青森銀行について
  • 採用のご案内

ホーム > ニュースリリース > 2013年記事一覧 > 青森県内のサークルKサンクス設置ATMの共同運用について

ニュースリリース

青森県内のサークルKサンクス設置ATMの共同運用について

平成25年12月3日

 青森銀行、株式会社りそな銀行(大阪市中央区 代表取締役社長 東 和浩)および株式会社サークルKサンクス(東京都中央区 代表取締役社長 竹内 修一)は、平成26年夏を目処に、青森県内におけるサークルK・サンクスに設置されたATM(「バンクタイムATM」)について、青森銀行とりそな銀行を幹事銀行とする共同運用を開始することで基本合意いたしましたのでお知らせいたします。

 

 今回の基本合意により、青森銀行のキャッシュカードをお持ちのお客さまは、青森県内のサークルK・サンクスに設置されているバンクタイムATMで、「お引出し」、「お預入れ」、「残高照会」のサービスをご利用いただけるようになります。「お引出し」のお取引につきましては有料とさせていだだきますが、「お預入れ」「残高照会」につきましては無料でご利用いただける予定です。具体的なサービス内容等につきましては、詳細が決まり次第あらためてお知らせいたします。

 

バンクタイムATMの概要

 「バンクタイムATM」は、サークルK・サンクスの店舗に設置されているATMのオリジナルブランド名で、りそな銀行が幹事銀行となっています。

 同ATMサービスにおいては、りそなグループのりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行のお客さまは、お引き出し、お預け入れについてご利用手数料を無料でご利用いただけます。そのほか、BANCSおよびMICS加盟銀行やゆうちょ銀行など、約1,500の金融機関のお客さまも所定の手数料でご利用いただくことができます。

 なお、2013年10月末現在における青森県内のバンクタイムATM設置店舗数は159店(サークルK・サンクス店舗数184店)となります。

 

以上

get Adobe Reader

マークがついているコンテンツはAdobeReaderが必要です。左のバナーをクリックし、ダウンロードして下さい。