ホーム > 外国為替取引に関する基本方針

外国為替取引に関する基本方針

 この外国為替取引に関する基本方針は、外国為替市場における適切な慣行に関する一連のグローバルな原則を示した「グローバル外為行動規範」に基づき、当行がお客さまと外国為替取引を行う際の当行の立場や取引の取扱いについて定めたものです。

 なお、本方針は外国為替取引に適用される法律、規則、規制、およびお客さまとの個別の契約・合意に優先するものではありません。

 

1.法令等の遵守

 当行はお客さまとの外国為替取引に際し、国内外で適用される法令、取引において遵守すべき市場規範、および適切な慣行を遵守するとともに、倫理的かつプロフェッショナルな行動および健全なガバナンス体制の維持に努めます。

 

2.外国為替取引におけるお客さまと当行との関係

 当行は、お客さまとの外国為替取引において、原則として自己の名義で取引を行う市場参加者(プリンシパル)の立場で取引を行い、取引当事者として取引に係るマーケットリスクや信用リスク等のリスクを引き受けて行動します。

 

3.取引執行

(1) 当行は、お客さまとの外国為替取引にあたり、誠実性、透明性および公正性をもって取引を執行します。
(2) 当行は、お客さまからの注文の取扱いおよび取引執行方法について、マーケットの状況やお客さまの取引状況と当行のリスク管理等を踏まえ、公正かつ合理的に判断します。
(3) 当行がお客さまの注文の執行(一部又は全てを問わず)が完了したと判断したことをもって取引は約定となり、マーケットリスクは取引が約定されたタイミングでお客さまに移転されます。
(4) 当行は、自身のリスク管理を目的に、お客さまとの取引の前にカバー取引を行う場合があります。当該取引は、お客さまに不利益を与える、または市場を混乱させるような目的・意図では行いません。

 

4.取引価格

 当行がお客さまとの取引にあたり提示する取引価格は、公表相場、または市場実勢にマークアップを加えた価格(オールインレート)となります。マークアップとは当行が引き受けるリスク、発生する費用およびお客さまに対して提供するサービス等の対価としてのスプレッド、または手数料等のことをいいます。マークアップを決める要素としては、取引条件(通貨、金額、期間)、市場環境、お客さまの取引状況・信用状況等があります。同一または類似の取引においても、他のお客さまと異なる取引価格となることがあります。なお、当行は取引から得る当行の収益額およびオールインレートの内訳を開示する義務を負いません。

 

5.情報の取扱い

(1) 当行は、お客さまに関する取引を含む情報について、関連する法令、当行の情報取扱い方針に基づき、守秘義務を遵守します。ただし、監督当局等から要請があった場合にお客さまの情報を開示することがあります。
(2) 当行は、お客さまの注文および執行された取引に関する情報を匿名化、一般化したうえで、分析し、行内で共有または第三者に対し開示することがあります。

 

以上

get Adobe Reader

マークがついているコンテンツはAdobeReaderが必要です。左のバナーをクリックし、ダウンロードして下さい。

このページのトップへ