ホーム > 青森銀行について > ごあいさつ

ごあいさつ

2021年12月

 皆さまには日頃より格別なお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。また、新型コロナウイルス感染症や8月発生の豪雨災害により影響を受けておられる皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

 2021年度の国内および青森県経済は、全体的には緩やかな持ち直しの中ではあるものの、東京オリンピック・パラリンピック開催と時期が重なった緊急事態宣言発令等による個人消費の抑制等、依然として新型コロナウイルスの感染状況に左右される状況にあります。

 こうした中、私ども青森銀行グループは地域における経済と雇用の維持を最優先課題と捉え、お客さまの資金繰り支援や本業支援に迅速かつ柔軟に取り組んでおります。

 当行は、創業以来140年余にわたり、地域やお客さまとともに歩みを進めてまいりました。その間、時代の移り変わりとともに、サービス提供の在り方も常に変化してまいりました。

 一方で、これまでもそしてこれからも、私どもにとって決して変わらないものは「地域のために お客さまとともに 人を大切に」という企業理念に込められた創業の精神、変わることのない地域やお客さまへの想いです。この想いを最適な形で具現化し、これからますます激しさを増していく経済・社会環境の変化の中にあってもステークホルダーの皆さまと共通価値を創造し続けるために、組織も個々の役職員も自らを変革し続けなければなりません。

 今、私どもはかつて経験したことのない大変革に取り組もうとしております。新しいグループの強みを最大限に活かしながら、金融機能の強化のみならず事業領域の拡大に強力に取り組むことで、環境変化に揺らぐことなく地域・お客さまの成長・発展に貢献できる、金融の枠組みに捉われない「コンサルティングファーム」を標榜してまいります。

 未来からの、ありがとうのために。

 今後とも変わらぬご支援とお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ