青森銀行

【活動方針3】お客さまの“あした”をサポート

○最も近く最も頼れる存在に

法人FA(ファイナンシャルアドバイザー)

目利き能力の向上に向けた人材の育成

地域のお客さまに、より付加価値の高いサービスを提供するために、2011年10月より行内資格「法人FA(ファイナンシャルアドバイザー)の育成を実施しています。法人FAは、ソリューション営業力の強化と法人営業推進者の育成を目的として創設され、これまでに82名を認定し、県内外の本支店に配置しています。

当行では、法人FAの活動を通じ、お客さまが抱える様々な経営課題の解決に向けた提案を行い、お客さまとの信頼関係の深化を図ることにより、地域経済へのさらなる貢献を果たしてまいります。

マネーカウンセラー

マネーカウンセラーは、専門の教育を受けた資産運用の担当者です

個人のお客さまの資産運用に関するご相談を承る行内資格「マネーカウンセラー」を2008年に創設しました。2018年3月末時点で157の有資格者が在籍しており、県内外の本支店でコンサルティング業務に携わっています。マネーカウンセラーは、ファイナンシャル・プランニング技能士などの公的資格を持ち、専門の教育を受けた資産運用の担当者です。お客さまのライフプランなどをじっくりと伺い、お一人おひとりに合わせたオーダーメイドのコンサルティングをいたしています。

ローンアドバイザー

ローンアドバイザー

住宅新築時におけるお客さまのローン検討プロセスに、的確なアドバイスと情報提供を行う行内資格「ローンアドバイザー」および「シニアローンアドバイザー」を2016年に創設、2018年6月には、第3期生として、ローンアドバイザー7名、シニアローンアドバイザー6名が認定されました。2018年6月末時点の認定者数は、ローンアドバイザー42名、シニアローンアドバイザー62名となっています。

○企業の成長をサポート

創業・起業支援

21あおもり産業技術センターおよび
青森県産業技術センターとの連携によるワンストップ支援

センターとの連携

中小企業者の課題解決支援のため2016年9月、(公財)21あおもり産業総合支援センターおよび(地独)青森県産業技術センターと業務連携・協力に関する協定を締結しました。

本協定は、(公財)21あおもり産業総合センターが有する経営支援機能、(地独)青森産業技術センターが有する商品開発に係る技術面での支援機能、当行が有する県内中小企業および国内外企業とのネットワーク機能を有機的に結びつけることにより、県内の創業者および中小企業に対する支援を強化することを目的としています。本協定により、当行の営業店窓口にて、両センターのサポートをワンストップで提供することが可能となりました。

創業手帳送付サービス

創業手帳送付サービス

地方創生による地域の持続的な発展に向けた創業支援の取り組みを強化するため、ビズシード㈱が客発刊する「創業手帳」の送付サービスを2016年10月から実施しています。創業手帳は、「資金調達」「販路拡大」「ネット活用」「営業」「法務」「会計処理」等、創業前後に必要とされる情報が整理された冊子です。

クラウドファンディング

㈱マクアケが運営する「Makuake」や、READYFOR㈱が運営する「Readyfor」を活用し、地域資源を利用した新商品・サービスの提供や地域ブランドの向上に取り組む事業者さまの、資金調達および情報発信をサポートしています。

八戸市での創業セミナーの開催

2018年9月から11月にかけて、当行は創業予定者および創業後5年以内の事業者向けに、「創業セミナー を八戸市で各5回開催しました。当行は国から「特定創業支援事業者」の認定を受け、本セミナーを「特定支援事業」として実施しました。本セミナーを受講した創業者には、会社設立時の登録免許税の軽減、青森県信用保証協会の創業関連保証枠および利用対象期間の拡充の特典が付与されます。

当行は、2017年、青森市および弘前市において、青森県内の金融機関として初めての本セミナーを実施しました。

成長支援

地域版TLO「ネットビックスプラス」

地域版TLO「ネットビックスプラス」

2016年7月、青森銀行・秋田銀行・岩手銀行と弘前大学・秋田大学・岩手大学の来た東北3銀行3大学による地域版TLO※「ネットビックスプラス」を立ち上げ、6者間による協定を締結しました。

本事業は、2003年に創設した北東北3行による事業者支援の枠組みである「ネットビックス」と北東北3大学が連携することで、大学側が保有する知的財産や研究成果等の地域事業者への積極的な還元を通じた成長支援ならびに地域産業の活性化・地方創生の実現を目的としています。

※「TLO」(Technology Licensing Organization) 大学等の所有する技術に関する研究成果(発明や特許等)の民間事業者への移転促進を図ることを主要業務とし、産学連携の仲介役・中核的役割を果たす技術移転事業者のことをいいます。

リンカーズとの連携

2016年9月、ものづくり分野に特化した「メーカーマッチングシステム『Linkers』※」を運営するリンカーズ㈱と業務提携をいたしました。同社は、全国を網羅する約350の産業支援機関に所属する約1,700名のコーディネーターを通じて、技術を必要としている大企業・中堅企業と、全国の優れた技術を持つ中小企業をつなぎ、2年間で250件以上のビジネスマッチング実績を上げています。

ンカーズ㈱との業務提携により、地域のものづくり企業の皆さまを支援し、地方における安定した雇用の創出や、地方への新しい人の流れの構築を目指してまいります。

※「メーカーマッチングシステム『Linkers』」:全国の産業機関所属するコーディネーターを通じ、地域の優れた技術を持つ中堅・中小企業を「開発パートナー」「OEM委託先」「製品調達先」として必要としている大手・中堅企業に紹介するシステム。

ビジネスマッチングの支援

・2018「青森の正直」商談会~青函交流商談会~

2018年6月、青森県内各団体と共同で、「2018『青森の正直』商談会~青函交流商談会~」を青森産業会館(青森市)にて、開催しました。

本商談会は、青函圏域内の農林水産団体や食品加工業者等が一堂に会し、全国の食品関係バイヤー等に対して商品の展示・商談を行うことにより、販路拡大、新たなビジネスチャンスの創出、地域経済活性化に寄与することを目的としています。

・北東北3行による「Netbix商談会with大和証券2018」

2018年9月、北東北3行(青森銀行・秋田銀行・岩手銀行)共同ビジネスネット(Netbix)における事業として、昨年度に引き続き、「Netbix商談会with大和証券2018」を東京都にて開催いたしました。本商談会では、首都圏を中心とするバイヤー企業と北東北3行のお客さまによる個別商談会が行われました。

観光IoTフェアの実施

観光IoTフェアポスター観光IoTフェアの様子

青森県の観光産業の活性化に貢献するため、県内の観光事業者の生産性向上等に資するソリューションの提供を目的とし、2017年11月に「観光IoTフェア」を実施いたしました。

本フェアでは、<あおぎん>地方創生コンソーシアムの構成企業を中心とした各種ソリューションの展示ブースやプレゼンテーション、キャッシュレス対応に向けたセミナーが実施され、青森県内を中心に観光関係者延べ200名が来場しました。

海外進出支援

北東北3行による「Netbix台湾ビジネスツアー」

2018年10月、北東北3行(青森銀行・秋田銀行・岩手銀行)共同ビジネスネット(Netbix)における取引先の海外ビジネス支援の一環として、3行連携による「Netbix台湾ビジネスツアー」を開催しました。本ツアーでは、当行の取引先が出展する「エレクトロニクス国際見本市『タイトロニクス』」を視察し、3行の取引先の交流を深めました。

今後も、お客さまの海外ビジネスニーズを反映した支援体制の拡充や各種事業を積極的に展開してまいります。

「Umai!! Aomori Food Fair 2018」への参画

Umai!! Aomori Food Fair 2018の様子

2018年11月、当行は、むつ市、青森市、外ヶ浜町、㈱オカムラ食品工業、㈱みちのく銀行とともに、標記事業に参画しました。本事業は、3自治体が誇る特産品の販路拡大を目的として、東南アジアマーケットの「ショーケース」「ゲートウェイ」としての役割を担うシンガポールでのレストランプロモーションと商談会を内容とするものです。

当行では、今後さらに成長が期待される海外市場に対する販路拡大等のビジネス支援に積極的に取り組んでまいります。

フィリピンにおける㈱たからへのニンニク栽培と黒ニンニク加工への取り組み支援について
~国際協力機構(JICA)との協働~

当行は、㈱たから(本社:田子町、代表取締役社長 寳田 喜美男)のフィリピンでの事業展開において、(独)国際協力機構(以下、JICA)が実施するODAを活用した事業(「中小企業海外展開支援事業~案件化調査~」)の申請をサポートし、採択に至りました。上記事業(2018年度第1回)については、全国で20件が採択され、本件は東北地方で唯一の採択案件となっています。

フィリピンでは、毎日の食卓に欠かせないニンニクの9割以上を輸入に依存しており、同国のニンニク農家の収入機会が失われています。このような背景から、同国政府は「国家ニンニク開発計画」を策定し、自国でのニンニク増産と高付加価値化によるニンニク農家の生計向上に取り組んでいます。

同社は、ニンニクの生産から加工、販売までのフードバリューチェーンに取り組んでおり、独自の土壌改良と栽培技術による多収量・高品質な生産態勢に加え、黒ニンニクの熟成期間を短縮・効率化する高い加工技術を有しています。

本件は、これらの技術を現地に導入し、フードバリューチェーンの構築を目指していく上での各種調査を実施するものです。

当行はJICAと2017年4月に業務提携を締結し、お客さまの海外展開支援に取り組んでおり、本件は当行からの紹介による初の採択案件となります。

当行では、今後も高成長が期待される海外への事業展開支援に積極的に取り組み、お客さまの成長をサポートしてまいります。

アグリビジネスへの取り組み

アグリビジネスへの取り組み

青森県の基幹産業である農林水産業分野への取り組みを強化するため、本部アグリビジネス専門担当者および農業算出額の多い地区5ヵ店のメンバーにて構成される「アグリパートナーチーム」を設置しております。

2018年3月、当行は㈱日本政策金融公庫とともに、三戸町の黒毛和牛繁殖農家、Farm Akasaka(代表 中井のり子)に協調融資を実行しました。中井代表は業界では数少ない女性経営者で、2017年の「青森県畜産共進会」にてグランドチャンピオンを受賞したほか、同年の「全国和牛能力共進会(和牛オリンピック)に青森県代表として出品しています。

当行は、中井代表の子牛育成技術、IoT導入による省力化、飼料用米を活用した耕畜連携など先進的な取り組みを高く評価し、古くから畜産業が盛んな三戸地区のモデルケースとなるものと判断しました。

2018年5月には、第8回〈あおぎん〉アグリパートナーセミナーを実施しました。今回は「ICT(情報通信技術)」をテーマとし、弘前文化センター(弘前市)にて、㈱NTTドコモ 東北支社 法人営業部 金田 直子氏を講師に迎え、農業のICT化による生産効率化や高付加価値化、GAPへの対応等について講演を実施しました。

医療・介護分野への取り組み

当行では、医療・介護分野への取り組みを強化するため、医療・介護事業コンサルティングチームを設置し、企業サポート部に専担者を配置しています。

高齢化や人口減少が進むなか、医療・介護分野を取り巻く経営環境は大きく変化しており、コンサルティングニーズはますます高まっていくものと予想されます。

当行では、医療・介護事業におけるコンサルティングに関して全国有数の実績を誇る㈱日本経営と業務提携しながら、業務改善・人材育成等、より専門的なコンサルティングニーズに対応しています。 また、県内の医療・介護事業者さまへの情報提供および経営課題の解決の一環として、外部講師を招き、セミナーを開催しています。2018年3月には「2018年度介護報酬改定と今後の方向性について」をテーマとした当行主催によるセミナーを開催し、多数の参加をいただきました。

今後も地域の安定した医療・介護サービスの提供に貢献するべく事業発展のお役に立てるよう、幅広い取り組みを行ってまいります。

環境・エネルギー分野への取り組み

当行では、環境・エネルギー分野への取り組みを強化するために、企業サポート部に専担者2名を配置し、県内の再生可能エネルギーの普及に向けた導入支援、並びに各種補助金・支援制度等の紹介・提案や外部機関との連携による省エネ診断に取り組んでいます。

また、お客さまのニーズ喚起および課題解決に向けた取り組みとして、太陽光発電活用セミナー、事業者向け省エネセミナー、小形風力発電セミナーなどを開催してまいりました。再生可能エネルギーによる節電・電源確保、省エネ対策ニーズは依然として高いことから、今後も引き続き、再生可能エネルギーをはじめとする環境・エネルギー分野への取り組みを通じ、地域社会の繁栄と経済発展に貢献してまいります。

新入社員セミナー

新入社員セミナー

青森銀行研修所では、青森県内の企業・団体の新入社員の皆さまを対象に、社会人としての心構え、基本スキルの習得をねらいとした「新入社員セミナー」を1994年より毎年4月に実施しています。

26回目の開催となった2018年度のセミナーは、県内4ヵ所の会場で行われ97の企業・団体から244名の皆さまの参加をいただきました。

<あおぎん>グループによるサポート

<あおぎん>グループによるサポート

青森銀行グループは、当行および関連会社5社で構成され、銀行業務を中心に、クレジットカード業務、リース業務、ならびに信用保証業務等の金融サービスを中心とした業務を行っております。

グループ一体となった金融機能の提供を通じて、総合金融サービスの向上を推進し、多様化かつ高度化するお客さまのニーズにお応えしてまいります。

◯豊かな暮らしのお手伝い

ニーズに合ったご提案

「お客さまの資産形成支援に向けた業務運営方針」等の公表

2017年3月30日に金融庁より公表された「顧客本位の業務運営に関する原則」を踏まえ、当行における「お客さまの資産形成支援に向けた業務運営方針」および本方針に基づく「具体的な取組内容」を定め、その取組状況を年1回公表しています。

当行では、今後ともお客さまの資産形成・所得向上を支援する取り組みを真摯かつ誠実・公正に追求するとともに、お客さまの知識・経験ならびに財産を豊かにしていくことを通じ、地域の活性化をリードするよう努めてまいります。

「あおぎん活き活きクラブオフ」のサービス開始

2018年5月より、青森銀行で年金をお受け取りのお客さま限定でご利用いただける優待サービス「あおぎん活き活きクラブオフ」を開始しました。

宿泊・グルメ・レジャーなど、全国20万件以上の提携施設を優待価格でご利用いただけ、お客さまのお好みにあったサービスをご利用いただけます。本サービスは、提携する㈱リロクラブよりサービスを提供いたします。

<あおぎん>投資環境セミナー

投資信託をご契約いただいているお客さまのお役に立てるよう、投信会社より世界経済の動向やマーケット環境の見通しについてご説明する「<あおぎん>投資環境セミナー」を開催しています。2018年度は延べ10会場で開催され、合計約500名のお客さまの参加をいただきました。

当行では、引き続き資産運用に役立つ情報の提供を通じ、お客さまの資産形成を支援してまいります。

<あおぎん>のサービス一覧

  1. ライフプランガイド
  2. つないでネ!ット(インターネットバンキング)
  3. 口座開設・預金
  4. 資産運用
  5. ローン
  6. 保険商品
  7. 便利なサービス
  8. お客さまサポート

◯ますます便利に

「楽天Edy」「LINE Pay」「Origami Pay」への
即時口座振替サービスの開始

「楽天Edy」「LINE Pay」「Origami Pay」

2018年4月、楽天Edy㈱が提供する「楽天Edy」、LINE Pay㈱が提供する「LINE Pay」および㈱Origamiが提供する「Origami Pay」について、当行の預金口座から直接チャージできる「即時口座振替サービス」※を開始しました。

当行の普通預金口座およびキャッシュカードをお持ちの個人のお客さまは、普通預金口座から直接電子マネー、モバイル決済サービスへのチャージが可能となり、インターネットショッピングや加盟店でのショッピングの際に、現金やクレジットカードを利用することなく、「楽天Edy」「LINE Pay」「Origami Pay」でお支払ができるようになりました。

当行は、今後もお客さまのニーズを捉えた決済サービスの利便性向上に努めてまいります。
※「即時口座振替サービス」:口座振替を24時間365日(サービス休止期間を除く)1件毎に即時に行うサービス

移動店舗車「aomo-bile(あおも~びる)」の運行開始

移動店舗車「aomo-bile(あおも~びる)」

2018年7月、移動店舗車「aomo-bile (あおも~びる)」(以下、「あおも~びる」)の運行を開始しました。「あおも~びる」の導入により、店舗空白地域での金融サービスの提供が可能となるほか、災害発生時の緊急対応にも活用することが可能となります。

また、将来的にはその機動性を活かし、地域イベントへの出店や、商業施設、住宅展示場等での営業を展開していく予定です。

1.移動店舗車の概要

(1)愛称「aomo-bile (あおも~びる)」の由来
当行キャラクター「aomo」と「可動性・移動性」を意味する「mobile」を掛け合わせて、「機動的な青森銀行」を表現しています。
(2)設備
・3tトラックに、銀行窓口機能とATM(1台)を搭載 ・発電機搭載により、電源のない場所でも営業が可能なほか、緊急時には外部への電源供給も可能です。
(3)取扱業務
個人のお客さまのお取引を対象とさせていただきます。 ・各種預金手続き(普通預金、貯蓄預金、定期預金、積立定期預金) ・公共料金等のお払い込み、住所変更等各種手続き等 ※移動店舗車の窓口では現金のお取扱はいたしません。 ※一部の業務においてお取扱できない、あるいは各種の制限をさせていただく場合がございます。

2.運行スケジュール

JR東日本のエキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)における預金引出サービスの開始

エキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)

2018年8月1日より、JR東日本のエキナカATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)において、当行キャッシュカードによる預金引出が可能となりました。平日8時45分~18時は手数料無料でご利用いただけます。エキナカ・マチナカで便利な「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)をどうぞご利用下さい。

他行宛振込の「24時間365日」即時入金開始

2018年10月9日15:00より、(一社)全国銀行資金決済ネットワークが実施する全銀システムの稼働時間拡大に合わせて、ATMおよびインターネットバンキング(以下、「IB」という)を利用した他行宛振込の即時入金時間を拡大いたしました。当行では、引続きお客さまの利便性を追求し、最適なサービスの提供に努めてまいります。

・実施内容

(1)「全銀システムの稼働時間拡大(※1)」に伴い、これまで予約扱いとしていた、平日15時以降と土・日・祝日の他行宛振込について、原則24時間即時入金が可能になります。
(2)他行から当行口座(※2)への振込に関しても、原則24時間即時入金が可能になります。
※1 銀行間の振込情報の通信を行う「全銀システム」を、24時間365日稼働させる取組みです。
※2 当行当座預金への振込は対象外となります。

「つないでネ!ット」における「生体認証ログイン機能」の提供開始について

「生体認証ログイン機能」

2018年10月15日より、個人向けインターネットバンキングサービス「つないでネ!ット」において、青森県内金融機関では初となる「生体認証ログイン機能」の提供を開始いたしました。

本件の導入により、スマートフォンで「つないでネ!ット」をご利用いただく際に、ログインIDとログインパスワードを入力する代わりに「生体認証機能」によるログインが可能となるため、お客さまの利便性が向上いたします。今後もお客さまの利便性向上を図るとともに、より安心してご利用いただけるサービスの提供に努めてまいります。

便利なサービス

  1. クレジット一体型ICキャッシュカード<aomo>
  2. Tポイントサービス
  3. つないでネ!ット
  4. あおぎんアプリ
  5. あおぎんネット支店
  6. ご来店予約サービス
  7. 店舗・ATM検索
  8. お問い合わせ先一覧