ホーム > 青森銀行について > ごあいさつ

ごあいさつ

 皆さまには日頃より格別のお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。

 私ども、株式会社青森銀行は、2019年(平成31年)1月20日をもって創業140周年を迎えます。地域の皆さまの長年にわたるご支援とご愛顧に、役職員一同心より感謝申し上げます。

 明治維新の混乱からおよそ10年後の1879年(明治12年)、当行の前身の一つである第五十九国立銀行が弘前市に開業しました。初代頭取の大道寺繁禎は、旧弘前藩最後の家老職を務めた人物で、新しい時代のうねりの中、銀行設立のみならず、養蚕業や洋式牧場の導入、漆器製造の再生など、地域における新しい生業の創出と産業の育成に、多大な貢献をなしました。

 当行が今掲げている「地域のために お客さまとともに 人を大切に」の企業理念は、140年前の創業の精神に源を発しているといえるでしょう。明治、大正、昭和、そして平成と、時代は変われど青森銀行は、地域の皆さまに支えられ、皆さまとともに歩んでまいりました。その歴史の中で、ともに培ってきた信頼を、新しい時代に向け育てていくことが、地域金融機関の使命であるということは、これからも変わることがありません。

 生産年齢人口と事業所の減少が同時進行する厳しい経済環境ではございますが、140年前の創業の精神に立ち返り、これまで以上にお客さまに寄り添い、お客さまが抱える様々な課題に応えてまいります。また、当行の主要な経営基盤である青森県の豊かな自然環境、伝統文化といった地域資源を維持するとともに、地域振興に活かすよう取り組んでまいります。さらに、企業市民の一員として、環境・社会・企業統治に配慮した経営を実践することで、企業価値の向上に努めてまいります。

 そして、これからも青森銀行は、健全な経営基盤の確立に努めるとともに、地域の明るい未来のため、そして次代を担う子どもたちのために、皆さまとのコミュニケーションを大切にしながら、真のコンサルティング機能を発揮し、皆さまから“あの時はありがとう”と言っていただける存在であり続けます。

 今後とも変わらぬご支援とお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


SSLサーバ証明書について

 

このページのトップへ